天空の蜂


高度800m上空の子供をどうやって救い出し、更にヘリ墜落を阻止できるのか?

タイムリミット8時間のなかで繰り広げられる手に汗握るストーリー展開!。

公開年:2015年 2時間18分

 

ストーリー

95年8月8日、自衛隊用のビッグBと呼ばれる最新大型ヘリコプターが何者かによって遠隔操作され、福井県にある原子力発電所「新陽」の真上に静止する。

犯人は「天空の蜂」と名乗り、国内すべての原発を廃棄するよう要求し、従わなければ爆発物が搭載されたビックBを原発に墜落させると宣言するのだが・・・。

 

メインキャスト

役名:湯原一彰 奪取された新型ヘリコプターの開発責任者
江口洋介

役名:三島 幸一 原発の設計士
本木雅弘

役名:雑賀勲 元自衛隊員、犯人グループの一人
綾野剛

役名:赤嶺淳子 錦重工業総務課
仲間由紀恵

役名:湯原高彦 ビッグBの機内に取り残され湯原の息子
田口翔大

 

感想

原発がテーマだったという事もあったかもしれませんが、2時間ちょっとの映画の中ではいろんな事を表現するには短かったのかも?

日本映画としては、ヘリを無線で乗っ取り、原発停止の要求をするという興味ある設定であったが、アクションシーンがちょっとといった感じ・・・。

全般的な感想としては、ちょっと消化不良だったかも?

 

※紹介している作品は掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページ にてご確認ください。

 

Blu-ray 又は DVD の購入 → 天空の蜂

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*