海難1890


日本とトルコの友好125周年を記念して制作されたドラマ。

時代を超えたふたつの出来事から両国の強い絆を映し出す。

公開年:2015年 2時間12分

 

ストーリー

1890年、和歌山県串本町沖で後のトルコであるオスマン帝国の親善使節団を乗せた軍艦エルトゥールル号が座礁して大破し、海に投げ出された乗組員500名以上が暴風雨で命を落とす。

そうした過酷な状況下で、元紀州藩士の医師・田村元貞やその助手を務めるハルら、地元住民が懸命の救援活動に乗り出す。

それから時を経たイラン・イラク戦争中の1985年、日本政府は危機的状況を理由にテヘラン在留邦人の救出を断念する中、トルコ政府はなんと・・・。

 

メインキャスト

役名:田村元貞 元紀州藩士の医師
内野聖陽

役名:ハル 田村の助手
忽那汐里

役名:ムスタファ エルトゥールル号の機関大尉
ケナン・エジェ

役名:ベキール エルトゥールル号の機関室兵曹
(アリジャン・ユジェソイ)

 

感想

多くのトルコ人がこのエルトゥールル号の事故に関して知っているとの報道をどこかの番組で見た記憶がありますが、日本とトルコの有効の為にも、一度は観てほしいと思った作品です。

現代の「他人の事は見て見ぬふりをする」的な風潮を今一度考え直すきっかけにもなる作品ではないでしょうか?

日本人として一度は観ておきましょう!

 

※紹介している作品は掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページ にてご確認ください。

 

Blu-ray 又は DVD の購入 → 海難1890 [Blu-ray]

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*