DEATH NOTE デスノート


藤原竜也主演で実写映画化され、前後編2作品を連続公開するというかつてない大プロジェクトとなった映画の前編。

放送日:2006/6/17 2時間6分

 

ストーリー

警視庁の刑事部長を父に持つエリート大学生の夜神月 (やがみライト) は、「このノートに名前を書かれた人間は死ぬ」と書かれた死神のノートを偶然手に入れた。

試しに殺人犯の名前を書き込んでみたところ、翌日の新聞にその男が獄中で死んだことが報じられていた。

ノートの力が本物だと分かったライトは、自らの手で犯罪者を裁き新世界の神になることを決意、自分の名をはキラと名乗り世界中の犯罪者に制裁を加えて行くのだが・・・。

 

メインキャスト

役名:夜神月(やがみ ライト) 主人公
藤原竜也

役名:L / 竜崎 全世界の警察を動かせる世界一の探偵
松山ケンイチ

役名:夜神総一郎 ライトの父
鹿賀丈史

役名:弥 海砂(あまね ミサ) ヒロイン
戸田恵梨香

 

感想

法の下で裁かれない凶悪犯罪者をデスノートを使って処刑し続ける大学生の物語ですが、みなさんも「少年法」や「精神障害者」との理由で罪を逃れ普通の生活を送っている犯罪者に対して疑問を持ったことがあるのではないでしょうか?

だからと言って、そのような凶悪犯罪者を処刑しても構わないという事にはならないのですが、もしデスノートのようなものが実在し、それを自分が手にしてしまったら・・・。

作品としては面白いのですが、いろいろと考えさせられました。

 

※紹介している作品は掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください。

 

Blu-ray 又は DVD の購入 → DEATH NOTE デスノート

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*