杉原千畝 スギハラチウネ


日本人外交官・杉原千畝の半生を唐沢寿明主演で映画化したドラマ。

第二次世界大戦下に外交官として赴任していたリトアニアで、ナチスの迫害から逃れてきたユダヤ難民に、日本通過ビザを発給し6000人もの命を救った1人の日本人がいたことを知っていましたか?

公開年:2015年 2時間20分

 

ストーリー

1939年、外務省はリトアニア・カウナスに領事館を開設し、責任者を千畝に命じた。

千畝は、そこで諜報活動を開始しヨーロッパ情勢を分析し日本に発信し続けていた。

やがて第二次世界大戦が勃発、ナチス・ドイツに迫害され国を追われた多くのユダヤ難民が、カウナスの日本領事館へビザを求めてやって来たのだが・・・。

 

メインキャスト

役名:杉原千畝 外交官
唐沢寿明

役名:杉原幸子 千畝の妻
小雪

役名:ペシュ ポーランド人のスパイ
(ボリス・スジック)

役名:イリーナ ロシア人で千畝の諜報活動の仲間
(アグニシュカ・グロコウスカ)

 

感想

日本の外務省は、2000年まで杉原千畝という外交官の存在自体を認めていなかったという話もあるそうです。

戦時中には、日本の国自体が明らかにしていていない杉原千畝のような立派な人たちが数多く存在していたのかもしれませんね。

歴史上の真実として、一度は観てほしい作品でした!

 

※紹介している作品は掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページ にてご確認ください。

 

Blu-ray 又は DVD の購入 → 杉原千畝 スギハラチウネ DVD

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*