なぜ君は絶望と闘えたのか


1999年に起きた光市母子殺害事件を追った記者、門田隆将氏の著書『なぜ君は絶望と闘えたのか 本村洋の3300日』(新潮社刊)をもとにフィクションを交えて作られた、社会に一石を投じる本格派ヒューマンストーリー。

放送日:2010/9/25~2010/9/26 WOWOW
第1話~第2話(全2話)

 

ストーリー

1999年の夏、週刊誌記者の北川慎一は、無惨にも18歳の少年に妻子を奪われた青年、町田道彦の取材へと足を運ぶ。

妻子を奪った少年は、法律によって手厚く守られているが、被害者の心の傷は生涯癒えることはなく、国や司法からないがしろにされていた。

無念と孤独に押しつぶされそうになっていた町田の激情に触れた北川は、犯人の実名を書いた手記を出さないかと提案するのだが・・・。

 

メインキャスト

役名:北川慎一 週刊誌記者
(江口洋介)

役名:町田道彦 妻子を殺された被害者遺族
(眞島秀和)

役名:山下 真紀子 新人記者(北川の部下)
(ミムラ)

役名:西森 有紀 外科医(北川の元恋人)
(木村多江)

役名:東野 茂樹 報道番組ディレクター(北川の大学時代の友人)
(小澤征悦)

 

感想

このドラマ自体はフィクションだという事ですが、実際にあった事件に基づいており、私も当時の報道を見てかなり考えさせられたことを覚えています。

現状は少しづつ変化してきているようですが、少年法の壁はまだまだ厚いように感じます。

もし同じことが自分の身に起こったら・・・、想像することさえ出来ませんが、事件を風化させないためにも、このドラマをぜひご覧ください。

 

※紹介している作品は掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください。

 

Blu-ray 又は DVD の購入 → なぜ君は絶望と闘えたのか

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*