トガニ 幼き瞳の告発 2011(字幕/吹替)


韓国の聴覚障害者学校で起こった実話を元にしたコン・ジヨンの小説を、コン・ユ主演で映画化したサスペンス。赴任したばかりの教師カン・イノ、そこでは教師たちによる性的虐待が日常化していたのだ。

放送日:2011/9/22 2時間4分

ストーリー

カン・イノは、恩師の紹介でソウル郊外にある聴覚障害者学校に美術教師として赴任する。

だが赴任したその学校は、どこか異様な雰囲気に包まれていた。

何より生徒たちのおびえたような表情に違和感を覚えるイノ。

そんなイノの不審を裏付けるような出来事が次々に起き、ある晩、帰宅しようとしていた時に子どもの悲鳴を聞きつけるのだが・・・。

 

メインキャスト

役名:カン・イノ 美術教師
コン・ユ

役名:ソ・ユジン 地元の人権センターの幹事
チョン・ユミ

役名:校長兄弟
チャン・グァン

 

感想

韓国光州市にある聴覚障がい者の施設で実際に起きた事件が原作となっているそうです。

この映画が公開されてから、韓国では社会現象となり政府や司法を動かし「トガニ法」なる法律までが制定されたとの事。

高齢者施設や障害者施設などの閉鎖的な環境の中での経営者や職員による不正や暴力などについては、日本でも同じような事件を耳にした覚えがあります。

この映画では、一人の教師とその知人との勇気ある行動が描かれていますが、それと同時に権力者達のおぞましいほどのずる賢さも描かれています。

多くの大人達にこの映画を見てもらい、いろいろと考えて頂きたいと思いました。

 

※紹介している作品は掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください。

 

Blu-ray 又は DVD の購入 → トガニ 幼き瞳の告発

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*