エンド・オブ・ホワイトハウス(字幕/吹替)


ジェラルド・バトラー主演で贈るアクション大作。

アジア人テロリストにホワイトハウスが占拠され絶望的な状況の中、ひとりの男が内部へと侵入する。

公開年:2013年 2時間0分

ストーリー

鉄壁の要塞と言われるホワイトハウスが、たった13分で占拠されてしまった。

前代未聞のテロを遂行したアジア人テロリストの要求は二つ。

大統領を人質に取られたうえ特殊部隊の突入も失敗、ペンタゴン最高司令部は絶望的な苦境に立たされるのだが…。

 

メインキャスト

役名:マイク・バニング:特別捜査官
Gerard Butler ジェラルド・バトラー

役名:ベンジャミン・アッシャー:アメリカ大統領
Aaron Eckhart アーロン・エッカート

役名:アラン・トランブル:下院議長
Morgan Freeman モーガン・フリーマン

役名:カン・ユンサク:KUF指導者
Rick Yune リック・ユーン

感想

ホワイトハウスがテロリストに占拠され、大統領まで人質に取られてしまうという有り得ない設定の映画ですが、現状(2017年11月)ではこれ位の事まで想定しておくべきかもという時代になってきたような気がします。

ホワイトハウスの襲撃や銃撃戦などのシーンも見ごたえ十分で、現実にはあってはならない事ですが、映画としては文句なしに楽しめました。

オススメです。

 

※紹介している作品は掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページ にてご確認ください。

 

Blu-ray 又は DVD の購入 → エンド・オブ・ホワイトハウス

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*