英国王のスピーチ(字幕のみ)


第83回アカデミー賞作品賞・主演男優賞・脚本賞・監督賞受賞作品。人前で話せない!という困難に立ち向かっていく英国王の真実の物語に全世界が熱狂した話題作!

放送日:2010/9/6 1時間58分

ストーリー

子供の頃から吃音に悩み、英国史上もっとも無口で内気と言われた現エリザベス女王の父、ジョージ6世。

当時、ヒトラー率いるナチスドイツとの開戦に揺れる国民は、王の言葉を待ち望んでいた。

型破りのセラピストであるライオネルの友情と妻の愛情に支えられて、渾身のスピーチに挑むのだが・・・。

 

メインキャスト

役名:ジョージ6世
Colin Firth コリン・ファース

役名:ライオネル・ローグ 言語療法士
Geoffrey Rush ジェフリー・ラッシュ

役名:エリザベス妃
Helena Bonham Carter ヘレナ・ボナム=カーター

役名:エドワード8世
Guy Pearce ガイ・ピアース

 

感想

若い頃、吃音症の友人がいたのでその辛さは少しですが分かるつもりです。

昔は「どもり」と言われて、からかわれる事が多かったと思います。

私も、吃音症の友人と出会うまでは「吃音症」が病気(障害)である事すら知りませんでした。

彼は私といる時は良く喋るのですが、周りに知らない人がいると、途端に無口になっていた事を思い出します。

吃音症の本当の辛さは本人にしか分からないと思いますが、この映画を多くの人が見て、少しでも吃音症に対する理解が進む事を願っています。

 

※紹介している作品は掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください。

 

Blu-ray 又は DVD の購入 → 英国王のスピーチ

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*