ディープ・インパクト 1998(字幕のみ)


ミミ・レダー監督による、巨大隕石の地球衝突を描いたSFパニック大作。

放送日:1998/5/7 2時間1分

 

ストーリー

地球と衝突する軌道を進む巨大彗星を高校の天文部員が偶然発見した。

1年後に迫った地球滅亡の危機を阻止する為、米国とロシアは協力して核兵器を使って彗星を破壊し軌道修正する事を試みるが、作戦はあえなく失敗。

世界の終末に向けたカウントダウンが始まる・・・。

 

メインキャスト

役名:ジェニー・ラーナー ニュースレポーター
Téa Leoni ティア・レオーニ

役名:リオ・ビーダーマン 彗星発見者
Elijah Wood イライジャ・ウッド

役名:トム・ベック アメリカ合衆国大統領
Morgan Freeman モーガン・フリーマン

役名:スパージョン・“フィッシュ”・タナー 船長、元宇宙飛行士
Robert Duvall ロバート・デュバル

 

感想

終末ものとしては多くの映画が制作されていますが、この「ディープ・インパクト」はその中でも名作中の名作と言えるのではないでしょうか?

ストーリとしては「アルマゲドン」と似ていますが、高速道路の渋滞シーンを2000人のエキストラと1800台の車を動員して未開通の高速道路で撮影したり、巨大津波によってニューヨークが破壊されるシーンを6か月もかけてCGで制作したりと、その制作手法にも驚かされる映画です。

ラストシーン近くで主人公のニュースレポーターがとった行動には結構泣かされました!

おすすめの映画です。

 

※紹介している作品は掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください。

 

Blu-ray 又は DVD の購入 → ディープ・インパクト

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*