24 TWENTY FOUR(字幕・吹替)


アメリカの連邦機関であるCTU ロサンゼルス支局の捜査官ジャック・バウアーと、その同僚や家族たちとテロリストとの戦いを描く痛快アクションドラマ。

放送日:2001/11/6~2010/5/24
シーズン1~8(全193話)

 

ストーリー(シーズン1)

カリフォルニア州での大統領予備選挙戦当日の24時間が舞台。

アメリカ合衆国で初めての黒人の大統領候補デイビッド・パーマー議員が、24時間以内に暗殺されるとの情報が入り、ジャック達が召集をうける。

シャペルは、CTUの内部にいる裏切り者を単独で探すようジャックに命令する。

一方、友達と夜遊びをしていたジャックの娘キムがパーマー暗殺計画グループに誘拐される。

更にはキムを探していたジャックの妻テリーも、キムの友人の父親に化けたテロリストに誘拐されてしまう。

議員を守るはずのジャックは、犯人から娘と妻を殺すと脅迫され、議員暗殺の片棒を担ぐはめに!

大統領候補の運命は? またジャックの妻、娘の運命は?

 

メインキャスト

役名:ジャック・バウアー CTU(アメリカ連邦機関) ロサンゼルス支局 捜査官
Kiefer Sutherland キーファー・サザーランド

役名:クロエ・オブライアン CTUのエンジニア(ジャックが最も信頼する親友)
Mary Lynn Rajskub メアリー・リン・ライスカブ

役名:トニー・アルメイダ CTUの職員
Carlos Bernard Papierski カルロス・バーナード

役名:オードリー・レインズ アメリカ合衆国国防長官ヘラーの娘
Kim Raver キム・レイヴァー

 

感想

この作品はシーズン1~8まであり全193話とかなり長くなっていますが、一つを見たらすぐにその次が見たくなってしまいます。

1日の出来事が1話1時間として、24話で1日が完結という構成も次から次へと見たくなってしまう理由の一つかもしれませんね。

スパイものらしく、誰が敵で誰が味方か? 何を信じたらよいのか? ハラハラドキドキの展開はたまりません!

以前、テレビで安倍首相が「一気にすべて見た」と言っていたのを思い出しますが、国家の安全対策のヒントにもなり得るようなものも含まれているのでしょうか?

いずれにしても、一度は見ておきたい名作の一つだと思います。

 

※紹介している作品は掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください。

 

Blu-ray 又は DVD の購入 → 24 TWENTY FOUR

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*