Google ChromeでHuluの動画が閲覧出来なくなった場合の対処法(エラーコード3324)

閲覧不可メッセージ

WebブラウザGoogle ChromeでHuluを見ていて、急に動画が見れなくなったという経験はありませんか? 同様の症状が発生したという方は、ぜひ以下の対処法を試してみて下さい。

2017年5月17日のリニューアル後はこちらから先にご覧ください。

 

 

不具合の現象

いつものようにHuluの作品を見ようとGoogle Chrome(Webブラウザ)を立ち上げ、ログイン後に見たい作品を再生してみると、以下のようなメッセージが表示され、動画が再生出来なくなってしまいました。

エラーメッセージ1

 

一度に視聴いただけるビデオは1本となっております。」という事なので、家族の誰かが見ているのかなと思い確認してみると、私のスマホで娘がHuluを見ていたのです。

 

しかし、私がPCやApple TVでHuluを見ている時に、娘がスマホで同時にHuluを見ていたという事はこれまでもあったような・・・?

 

とりあえず、娘が見ていたスマホの方をHuluからログアウトして再度再生してみましたが、やはり同じメッセージが表示されて動画が再生されません!

 

ちなみに、他のブラウザ(Internet Explorer 及び Microsoft Edge)やスマホ、Apple TVで確認してみたところ、なぜか全て問題なく動画の再生が出来きました???

 

「ご利用のデバイスの管理については、hulu.jp/devices をご確認ください。」との事なので、そのページを開いてみると以下のようになっていました。

 

アカウント情報ページ

 

上のページで「デバイスの接続」のところはこれまでと同じなので、特に問題ないと思うのですが、エラーメッセージの中に「お客様のHuluサービスのご契約では・・・」という一文があったので、赤枠内の「契約プラン:フール―・ジャパン アカウント」というのがどういうものなのか調べてみましたが、はっきりとは分かりませんでした。

 

一応huluの利用規約(http://www.hulu.jp/terms)を確認してみると以下のような記述がありました。

「お客様は、お客様のHuluサービスアカウントは個人利用のみを目的とするものであり、お客様のHuluサービスアカウントは1つの時点において1つのみの同時ストリーミングに限定されることにご同意いただくものとします。」

という事で、規約上は2つ以上の動画を同時に見ることは出来ないことのようです!

 

しかし現時点では、Google Chromeについては単独であっても動画の再生が不可の状態なのです!

 

更に、

「お客様は、ご家族による利用等、お客様のアカウントのあらゆる利用について責任を負います。お客様がご自身以外の方によるお客様のアカウントへのアクセスを許した場合、お客様は利用者をして本利用規約を遵守させる責任を負うと同時に、利用者のHuluサービス上での行為について責任を負うことに同意したものとみなされます。」

という記述もありますので、「家族に利用させても良いが、その場合でも契約者自身が規約順守の責任を負う。」という事も理解しておきたいと思います!

 

トラブルシューティングによる対処

いずれにしても、現時点ではGoogle Chromeだけでの現象のようですが、キャッシュの削除・ブラウザの再起動・パソコンの再起動などいろいろやってみましたが、やはりエラーメッセージが表示されて動画の再生が出来ない状態が続いています。

 

再起動・ログアウト・再ログインなどを繰り返していると、今度は以下のメッセージが表示されるようになりました。

コンテンツトラブルメッセージ

 

今回はエラーコード「3324」というのが明示されていたのですが、huluのヘルプページのトラブルシューティングのところに以下の記述がありましたので、早速試してみることにしました。

トラブルシューティング

 

上記ページの赤枠内の操作を全て行った結果、無事にGoogle Chromeでの動画再生が出来るようになりました!

 

以下が実際に行った作業内容です。(Windows10にて)

*当サイト内で解説している作業を行った結果で不具合が生じても一切責任は負えませんので、あくまでも自己責任で実施願います!

 

1. Windows Update を行い更新プログラムを適用してください。

パソコン画面左下の「スタートボタン」→「歯車アイコン」をクリックする。

ステップ1

 

以下の画面が開いたら、「更新とセキュリティ」をクリックする。

ステップ2

 

以下の画面で「更新プログラムのチェック」をクリックする。

ステップ3

 

以下のように「最新の状態です」と表示された場合は、そのままでOKです。

更新プログラムが表示された場合は、画面の指示に従って最新の状態へ更新して下さい。

ステップ4

 

2. ご利用のインターネットブラウザとFlash Playerを最新版に更新してください。

まずブラウザの確認を行います。

Google Chrome ブラウザ右上のアイコンをクリックし、プルダウンメニューから「設定」をクリックします。

ステップ5

 

以下の画面が開いたら、左端にあるメニューから「概要」をクリックします。

ステップ6

 

通常は自動的に最新版へ更新されていますので、以下のように表示されると思いますが、もし最新版でない場合は、画面の指示に従って最新版へ更新してください。

ステップ7

 

次にFlash Playerの確認です。

まず以下のURLをクリックします。

http://www.adobe.com/jp/software/flash/about/

 

以下の画面が表示されたら、「現在のバージョン」のところに表示されているバージョンと下方のGoogle Chrome ブラウザのバージョンとは一致しているかを確認します。

こちらも通常は最新バージョンになっていると思いますが、なっていない場合は最新バージョンをインストールして下さい。

ステップ8

 

次にGoogle ChromeでFlash Playerを有効にする作業を行います。

ブラウザの検索窓に「chrome://plugins」と入力してEnterキーを押します。

 

以下の画面が表示されたら、Adobe Flash Playerのところの「常に実行を許可する」にチェックを入れます。

ステップ9

 

3. こちらのページより [すべてのサイトを削除] – [確認] をクリックし、Flash Playerのキャッシュの削除を行ってください。

まず「こちらのリンク」をクリックします。

以下のページが開いたら、「すべてのサイトを削除」ボタンをクリックします。

ステップ10

 

以下の表示がでたら、「確認」ボタンをクリックします。

ステップ11

 

4. 保護されたコンテンツの再生設定パネル から「ライセンスをリセット」を行ってください。

まず「こちらのリンク」をクリックします。

以下のページが開いたら、「ライセンスをリセット」ボタンをクリックします。

ステップ12

 

以下の表示が出たら、「確認」ボタンをクリックします。

ステップ13

 

5. パソコンを再起動してください。

パソコンが再起動したら、以下の作業を追加で行います。

まず、Google Chrome ブラウザ右上のアイコンをクリックし、プルダウンメニューから「設定」をクリックします。

ステップ5

 

次のページが開いたら、一番下の「詳細設定を表示」をクリックします。

ステップ14

 

すると同じページのすぐ下に「プライバシー」欄が表示されますので、その欄の「コンテンツの設定」をクリックします。

ステップ15

 

次に開いた小窓を下の方へスクロールしていくと、以下のように「保護されたコンテンツ」という所がありますので、そこの「保護されたコンテンツのIDを許可する」にチェックを入れ、右下の「完了」ボタンをクリックします。

ステップ16

 

ブラウザ(Google Chrome)を閉じて、再度開きなおしてください。

作業はここまでで終了となります。 お疲れさまでした!

 

それではHuluのページへ行き、見たい作品を再生してみて下さい。

どうですか? ちゃんと再生出来たでしょうか?

 

みなさんも同様の症状が発生した場合は、参考にしてみて下さいね。

 



モッピー!お金がたまるポイントサイト

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*